水商売の人でもキャッシングは可能なのか

水商売で働いている人は急な出費が必要なことがおおく、キャッシングやカードローンを利用したいという人が少なくありません。そこで問題になるのが水商売の人が銀行や消費者金融からキャッシングやカードローンを利用できるかですが、結論から言ってしまえば利用することは可能ですが、利用することは会社員や公務員の人と比べるとかなり難しいということになります。

 

キャッシングやカードローンを利用するためには20歳以上で安定した収入がなければなりません。水商売であるかのいかんを問わず未成年者はキャッシングやカードローンを利用することができません。20才以上で水商売の人では水商売が安定した収入と言う条件に合致するかどうかが金融機関の審査で問われることになります。

 

水商売の人は稼ぐ人は一般的な会社員や公務員の何倍もの収入を得ている人も少なくありません。しかし、キャッシングやカードローンの審査は収入の安定性を重視します。水商売の人は収入の具体的な証明をすることができる人が少ないという事情があります。

 

水商売の人は日払いであったり、週払いで収入を得ている人が多いからです。それに、水商売の人はキャッシングやカードローンの審査での在籍確認が取りにくいという面もあります。在籍確認は勤務実態を金融機関が把握するために重要に位置づけがされているのです。

 

逆に言えば、水商売の人であっても収入が証明でき、在籍確認が取れればキャッシングやカードローンの審査に通り、利用することができます。