生活が苦しい場合市役所からお金を借りられるのでしょうか

生活が苦しくお金を借りたいと思っていても金融業者や銀行などからの借り入れも断られてしまった場合、最後の砦となるのが市役所などで手続きができる生活福祉資金制度というシステムがあります。

 

これは一定の条件を満たした人に国がお金を貸し出す制度です。国がお金を融資してくれますが手続きは全て市役所で行うということになるので市役所からお金を借りるというわけではありません。

 

この生活福祉資金制度はもちろん融資を申請すると審査があります。この時に条件としては低所得者世帯であること、障害者世帯であること、そして高齢者世帯であることというのが明記されています。

 

この制度を利用することによって生活の立て直しができると判断されると融資してもらえます。ですがこの審査自体が条件さえ満たしていれば簡単に通過できるという性質のものではないようです。

 

特に失業中で全く収入が無い場合には、借金を返済する当てがないわけですから当然融資を断られる可能性が高くなります。ですから最低限でもパートなりアルバイトなどで一定収入が毎月入ってくるということが条件となるでしょう。

 

まずは地域の民生委員などに相談して、どのように申請手続きを進めていけば良いかのアドバイスをもらうと良いでしょう。ですが基本的には市民税非課税所帯に認定されるぐらいの低所得レベルでないとなかなか実際に融資をしてもらえることは、まれのようです。ですから本当にお金が必要な場合には銀行などを当たった方が余程融資の可能性はあると言えるでしょう。