生命保険を担保にお金は借りられます

お金を借りるには保証人と担保が必要になってきます。それで、生命保険を担保にすることができるのです。生命保険を担保にお金を借りるには生命保険の保険金の解約で戻ってくるお金が担保になるわけで、生命保険の中には解約時にお金が戻ってこないものもありますので、確認が必要です。

 

生命保険を担保にお金を借りるということは、保険会社からお金を借りることになって、銀行などから生命保険を担保にお金を借りることはできません。
終身保険は保険が一生続くもので、加入年月によっては高額なお金が解約の時に戻ってきますので、お金がかりやすくなります。

 

保険を解約した時に戻ってくるお金でお金を借りることを契約者貸付制度と呼ばれています。通常、解約の時に戻ってくるお金の8割〜9割のお金を借りることができることになっています。

 

生命保険を担保にお金を借りることは、カードローンやキャッシングなどから借りることとは全く違うものになっています。
まず審査がありません。保険を解約した時に戻ってくるお金が確定している時には、無条件でお金を借りることができるのです。

 

金利も通常のカードローンやキャッシングなどに比べると低金利になっているので、一時的にお金が必要になった場合などには、金利が低いので、とても借りやすいことになります。
生命保険を解約すればお金が手に入りますが、保険が解約になり先行きが不安になってしまいます。その時に生命保険を担保に借りると保険も継続して存在するので安心です。