金利0円サービスのあるキャッシングを利用する

なるべく金利の安いキャッシングでお金を借りたいという時には、金利0円サービスのある業者を選ぶのが一番です。アコムやレイクは契約した日から数えて30日間、プロミスは契約後最初の借入日から数えて30日間の金利がゼロになります。

 

消費者金融で年利18%で30日間10万円を借りた場合、約1,500円程の金利が掛かります。この金利0円期間に返済すれば、利息なしでお金を借りることもできます。

アコムやレイクは契約日からの計算になりますので、契約してもすぐに借りない場合には金利0円の期間も短くなってしまいますので注意が必要です。このサービスは初めて利用されるお客様を対象としていますので、過去にすでに利用したことがある人の場合には適用されません。

もし30日以内に返済できなかった場合にはその翌日から通常の金利がかかってきますが、30日以内に返済出来なかったとしても最初の30日間の利息を支払う必要はありません。

さらに返済期間が30日以上かかる場合には、必ずしも金利0円が有利ということはありません。一括ですぐに返済するのではなくて分割払いでのんびり返済するつもりでいる場合には、最初からより金利の低い業者で借りるほうがトータルの支払い利息自体を低く抑えることができます。

返済回数が10回以上の予定をしているのなら、もともと金利の高い消費者金融で借りるよりも、年利10%以下の金利で借りることのできる銀行のカードローンを契約するほうが、利息の負担を抑えてお金を借りることができます。