30万円初めて借りたいときに知っておくべきこと

急にお金が必要で、キャッシングをしたいとき、一番大きな注意点は、定期的な収入があるのかどうかです。定期収入がない人は、例外的に専業主婦なら借りる方法はありますが、返せない人に貸す業者はいませんので借りられないと考えていいです。

 

借りる相手は、消費者金融と、銀行カードローンがあります。ヤミ金は避けましょう。
一般的には、消費者金融は借りやすいけれども利息が高く、銀行カードローンは借りにくいけれども利息が安い、といった特徴があります。ただ、借り入れが30万円程度なら利息にそれほど差がないので、その日に借り入れができることも多い消費者金融がおすすめです。急いでいるならなおさらです。

 

消費者金融は、借入額の上限が年収の3分の1以下、という取り決めがあるので、30万円借りたければ90万円は収入がなければなりません。またぎりぎりでは審査に通りにくいので、収入に余裕があればあるほど借りやすくなります。

 

具体的にキャッシングをするのに必要な書類というのは単純で、運転免許証、あるいはパスポートがあればそれだけでかまいません。

 

また消費者金融のお店に行く必要はなく、自動契約機と呼ばれる、町中の機械で契約が行えますし、審査は1時間程度で即日で借り入れというのが基本ですから、時間もとらずに借りられます。初回ならば、一ヶ月は無利子で借りられるので、利子がかかるのは二ヶ月目からです。

 

ただ自動契約機の受付時間は21時まで、ということが多く、それは審査の受付時間なので、20時までには審査開始できていないと厳しいです。