キャッシング初めてでも審査に落ちる事があります

どうしてもお金が必要になった時、キャッシングに頼ってしまう人もいるでしょう。
何も問題なく審査に通る人と、通らなかった人。あなたは残念ながらキャッシング審査に落ちてしまいました。

 

過去を振り返ってみて、今までに1度でも返済の踏み倒しをした事があるだとか、
申請書にウソの記入をしたというような原因が何も思い当たらないのであれば、
ひょっとしたらこのような事が原因で落ちてしまったのかもしれませんよ。

 

【1.安定した収入がない】

キャッシングの申請をする時に、申請者の収入についてはどの会社も同じように厳しくチェックされているはずです。
収入源がアルバイトのみだとか、短期の仕事で収入を得ているといった場合審査に通るのは難しくなるでしょう。
前提として、返済できる見込みのない人にお金を貸す事はしません。
ですから、毎月の継続した安定収入が無いと判断された場合には残念ながら申請が通る事は難しいでしょう。

 

【2.独身である】

ある程度仕事も安定し、収入を得ていても過去にキャッシングでの借り入れ経験がなく、
尚且つ独身男性であった場合は審査に落ちてしまう事があります。
独身男性と比べて、既婚男性で配偶者がいる男性の方が審査には通りやすいでしょう。
配偶者の収入が安定しているということは、あなたに何か問題があって返済が滞ったとしても配偶者からの返済が見込めるからです。

 

【3.過去にキャッシングを返済した事がない】

これは意外かもしれませんが、あなたがもし今回初めてキャッシングをするというのであれば、
そのこと自体が審査に落ちてしまった原因かもしれません。
過去にキャッシングをしたことのある人は、審査が通った段階である程度その会社から信用を得ているとも言えます。
さらに言えば、キャッシングをした上できちんと完済した過去を持つ人の方が、返済能力があるとみなされてお金を借りやすくなるのです。
返済実績が無いという点で、初めてキャッシングする人の方が審査に通りづらくなるのです。

 

いかがだったでしょうか。
この他にお住まいが持ち家でない、他にも数社へ同時期に申請を出しているといった理由で審査に落ちてしまう事があります。
逆に言えば、生活の拠点となる家が持ち家もしくは賃貸年数が長いこと、安定した収入があること、
配偶者がいることなどをクリアすれば、審査に通りやすくなるといえるでしょう。
新たに申請をする際には、そういった点も頭に入れておくと良いでしょう。