心を追い詰めず借金を返済する二つの方法

お金というのは、一度、借り癖がついてしまうと、次々と借金を重ねてしまいがちです。

これ以上、金利のつくお金は借りないことを大前提に、返済の可能性を探っていきたいと思います。

 

まず、独り暮らしをしている方で、実家に戻れる状況にあるならば、完済するまで実家に戻ることをお勧めします。

 

家賃と収入が変わらない以上、大きくカットできるお金は他になかなかありませんから、親に事情を説明し、完済するまでの期間限定であることを約束した上で、実家暮らしをすることで、確実に返済は早まります。借金の話をすることが逆効果なのであれば、仕事の都合でしばらくこっちに住んだ方が都合が良いから、などと伝え、住み始めましょう。

親の世代は、仕事というワードを持ち出すと深く追及したりはしませんから、よほどギクシャクした関係でない限り、上手くいくと思います。

 

次に、具体的な収入が増えなければ、節約だけでは、大きな変化は齎しませんので、週休二日制の仕事であれば、翌日の本業に響かない土曜日だけ、日払いの仕事をすることをお勧めします。求人サイトには即金を得るための情報が充実しており、「今すぐ働けます」という枠が設けられているので、金曜の仕事の疲労具合を考慮した上で依頼すれば、翌日働ける仕事を得ることも可能です。

 

毎週、必ず入らなければならないとなると、精神的にも追い込まれますが、体が許すときだけ、月に一度でも入れれば、返済は確実に早まると思えば、乏しい経済状況で遊ぶよりも、充実した週末となると思います。

 

体はもちろん、心を壊さないことも借金を確実に返済する上で重要な条件ですから、精神的圧力の少ないこの方法を是非お試し下さい。