免許証を持っていなくても他の身分証名になるものでお金は借りられます

免許証を持っていないけれどカードローンでお金を借りたいという人は多いと思います。カードローンは銀行や消費者金融で取り扱っていますから社会人で仕事を持っていて一定所得が得られているのであれば、どちらでもカードローンを申請することができます。

 

カードローンを申し込む際には、必ず身分証明書の提出が必須になっています。これは銀行であれ消費者金融であれ必ず必要な物です。身分証明書の代表となるものは運転免許証ですが、それ以外にも健康保険証、学生証、パスポートなどでも受け付けてもらえます。ですから運転免許証がなくても特に問題になることはありません。

 

パスポートや学生証などは運転免許証と同じようにすべての人が所持しているわけではありませんが、健康保険証なら大抵の人は持っているはずですので、この場合には健康保険証を提出すれば良いでしょう。

 

また借り入れる金額によって身分証明書だけでは十分ではなく所得証明や源泉徴収票や確定申告票などの提出を求められることがあります。これは大体借り入れる金額が50万円を超えた場合に必要となってくることが多いので前もって用意しておくとよいでしょう。

 

このようにカードローンからお金を借りる場合には、身分証明書は必ず必要になります。言って見れば身分証明書の提出ができない場合には100パーセントカードローンの審査を通過することはできませんので必ず上記のうちのいずれかをあらかじめ用意して申し込み手続きを行うようにしましょう。