日雇いは。。。

日雇いでもお金を借り入れする事は決して不可能ではありません。

しかし日雇いの人がお金を借りるのに大きな問題があります。それは在籍確認です。

 

在籍確認は借り入れを希望する人がちゃんと働いているのを確認するもので勤務先に電話をする事になっていますが、日雇いだと勤務先が日によって違う或いは働いている日と働いていない日を把握するのが難しい。

或いは働いている本人ですらいつ働いていてと言うのを説明できるのか?と言うのがあります。

 

派遣元の会社では「そこで働いている」となるかは判断が難しく、場合によっては契約が出来ないケースも考えられます。

 

もう1つ問題になるのは「安定した収入」と言う定義を日雇い労働はクリア出来るのか?ということです。安定した収入と言うのは収入があると言う以上に収入があるから返済が滞ることがないと言う担保になるからです。

 

パートタイマーやアルバイトが借り入れ契約が出来ると言うのは月収がある程度計算できると言う事だからです。では日雇いはどうか?それこそ収入がデコボコする或いは皆無に等しい場合もありえます。これは安定した収入とは言えないと判断され契約できないケースもあります。

 

もちろん契約が可能な所もありますが、基本的には日雇いでは契約をして借り入れ出来るところは少ないと言わざるを得ませんし、そういう所は悪徳業者である可能性が高いので更に苦しむリスクがあるので、やはり固定の仕事に就かないと厳しいと言わざるえません。