安定した収入があるならば消費者金融でも大丈夫ですが無い場合は利息の低い生活福祉資金貸付制度に頼りましょう

障碍者と言っても人それぞれです。
身体的な障碍者だったら、お金を借りるのは比較的問題ありません。
しかし知的障碍者や精神障碍者ですと、お金を借りるのは難しい事になります。

 

障碍者がお金を借りる方法は、いくつかあります。
普通の消費者金融で借り入れするのも良いのですが、障碍者には生活福祉資金貸付制度という制度があるのです。
これは高齢者や障碍者等の為のお金を借りられる制度です。

 

ただ、この生活福祉資金貸付制度を利用するには多くの条件があります。
まず障碍者世帯は、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を所持している事が必須です。

 

連帯保証人も必要ですが、いなくても借りる事は出来ます。
他にも安定した収入や同居している家族、様々な条件があります。
また、条件をクリアしてもお金を借りるまでに結構な時間がかかってしまいます。
今すぐにお金が必要な人には向かない制度ですが、借入の利息が低いのが魅力です。

 

普通の消費者金融でもお金を借りる事が出来ます。
インターネットでの申込みなら簡単に消費者金融で借りる事が出来ます。
しかし消費者金融で借りる場合は、安定した収入がある事が重要視されます。

 

障害基礎年金は支給額が生活する事でギリギリなので安定した収入と認められません。
返済出来る見込みが少ないと判断されてしまうのです。
障害基礎年金の他に仕事での収入が無いと消費者金融から借り入れをするのは難しい事でしょう。

 

基本的に健常者でも障碍者でも関係無く、大事なのは安定した収入があるかどうかなのです。
仕事を持ち、安定した収入があれば障碍者でも問題無くお金を借りる事は出来ます。
仕事が無く安定した収入が無い場合は、まずは生活福祉資金貸付制度を考慮に入れた方が良いでしょう。