対応地域と必要書類が特徴的な消費者金融

プランという金融会社は、対応地域と書類に特徴があります。まず前者ですが、日本全国に対応している消費者金融になるのです。
そもそも中小規模の消費者金融ですと、対応地域が限定されてしまう事もあります。

 

特定の地域に限定されてしまう事もあり、遠方にお住まいの方々ですと、なかなか借りれない事もあるのです。地域密着の会社が多いのは、中小規模の消費者金融の特長と言えます。

ところがプランの場合は、話が大きく異なるのです。この消費者金融でしたら、全国対応してくれます。事業所は関西地域にあるのですが、そこから遠く離れた地域にお住まいの方々でも、特に問題なく借りる事ができます。遠方でも借りれる点は、この消費者金融のメリットとも言えるでしょう。

それともう1つの書類ですが、2種類必要になる点が特徴的です。一般的に消費者金融では、身分証1つでお金を借りられるでしょう。しかしプランという消費者金融ですと、身分証に加えて、源泉徴収票なども求められる事になるのです。最低2つの書類が必要になる点は、この金融会社の特長と言えるでしょう。ですから書類を準備するのは、やや手間が大きな消費者金融とは言えます。

しかしプランは、それでも十分にメリットが大きな金融会社です。最小返済額が2,000円と設定されている消費者金融も、なかなか珍しいです。毎月の負担も比較的低く抑えられますし、上記の地域の利便性なども考慮すれば、総じておすすめの消費者金融と言えます。

消費者金融アローの特徴とは?

アローは名古屋発祥の中規模の消費者金融として知られています。あまり知名度が高く無いので初めてアローを利用する人はちょっと不安に感じてしまうかもしれません。しかし中規模の消費者金融というのは顧客獲得のために、ある程度問題がある利用者の場合でも柔軟に対応してくれるというメリットがあります。

 

普通、大手の消費者金融でしたら絶対に審査通過しないと思われる多重債務者などでもアローなら十分に融資してもらえる可能性が高いのです。ですから例えばすでに大手の消費者金融からすでに融資を受けている場合で3社目から借りたいという場合でも、とりあえずはアローに融資の申し込みをして見てもよいかもしれません。

 

アローから融資する場合の条件はいくつかあります。これは他の消費者金融とほとんど同じです。例えば20歳以上であること、毎月一定収入があることが最低条件となります。また貸付限度額は200万円までとなっており金利は大手の消費者金融よりもやや高めの設定になっています。ですがアローの審査通過の柔軟性を考えれば少し金利が高めでもかなり重宝することは間違いないでしょう。

 

アローは名古屋に実店舗がある消費者金融ですが、日本全国どこに住んでいてもウエブから融資の申し込みができるので在住地は全く関係ありません。ネットで申し込みをすると最短で1時間程度で審査結果が出ます。また審査に無事通過すると即日融資が可能なので特に急ぎでお金が必要な場合にはありがたいサービスです。

フクホーで借金をしてみても大丈夫か?

世の中にはいろんな消費者金融うがありますが、すでに複数の消費者金融からお金を借りていた場合は中小の消費者金融の審査に通らない事がよくあります。

 

ですが、大阪にある中小の消費者金融であるフクホーという消費者金融があるのですが、このフクホーという消費者金融は大阪以外の人にはあまり馴染みがないので、ここから借りる事に不安を感じると思いますが、大阪ではかなり有名な中小の消費者金融なのでここから借りても問題はないです。

 

また、フクホーならすでに複数の消費者金融からお金を借りていた場合でも借り入れの審査に通る事が普通にあります。

なので、何も心配せずフクホーからお金を借りると良いと思います。特にこれまでにすでに複数の消費者金融からお金を借りていた場合で、さらに借り入れの申し込みをして断られたという方がいるならこのフクホーという消費者金融から借りると良いです。

 

またフクホーなら実際に店舗に行かなくてもお金を借りる事ができるので大阪に住んでいない遠方の方もここから簡単にお金を借りる事ができます。

そして、気になる審査ですが電話で申し込みをするとたった数分こちらについて聞かれるだけですぎに終わりました。

 

他社で借り入れをしようと思った時はもっと審査に時間がかかるものですが、ここはたった数分で終わりました。

ですが、審査自体はしっかりしているようで勤め先や税金の滞納がないかという事の確認はしっかりありました。

 

それで問題がないという事で無事に借りれたんのでフクホーならすでに複数の業者から借り入れがあっても借り入れると思ったので、複数の業者から借りている人が借り入れをしたいと思った時はフクホーはおすすめです。

クレジットカード現金化なら土日祝日でも大丈夫

土日祝日にお金を借りたいと言う時はクレジットカードのキャッシング枠を確認してみて下さい。
枠が残っている状態ならそのまま最寄りのATMにてキャッシングすることが可能です。

枠が無いと言う状態ではキャッシングは出来ません。
そんな時でもショッピング枠が残っていれば、クレジットカード現金化と言う方法があります。
クレジットカード現金化と言うキーワードで検索すると、いくつかの業者が出てきます。

その業者のホームページから申し込みすることが可能です。
申し込み後に確認の電話連絡が入りますので、希望を伝えておきます。
その後にクレジットカードで商品を購入すると、最短数分ほどで口座に振り込まれます。

後は最寄りのATMにてキャッシュカードで引き出ししておきます。
クレジットカード現金化では審査がありません。
ショッピング枠が残っているクレジットカードと運転免許証などの本人確認書類さえあれば大丈夫です。

そのためカードローンでは審査に落ちてしまったと言う方でも利用することが可能です。
土日祝日でもインターネットなら申し込み出来ますが、金融機関が休みのために振込業務が行えません。

そんな時でもネット銀行に口座を持っていれば、振込出来ると言う業者が多くなっています。
その代わりに信頼性の高い業者を選んで申し込みすることが必要です。

商品代金の支払はカード会社に行うと言った関係上、分割払いやリボ払いを選ぶと手数料が発生します。
その他にも業者から換金率分引かれますので事前に把握しておいて下さい。

金利0円サービスのあるキャッシングを利用する

なるべく金利の安いキャッシングでお金を借りたいという時には、金利0円サービスのある業者を選ぶのが一番です。アコムやレイクは契約した日から数えて30日間、プロミスは契約後最初の借入日から数えて30日間の金利がゼロになります。

 

消費者金融で年利18%で30日間10万円を借りた場合、約1,500円程の金利が掛かります。この金利0円期間に返済すれば、利息なしでお金を借りることもできます。

アコムやレイクは契約日からの計算になりますので、契約してもすぐに借りない場合には金利0円の期間も短くなってしまいますので注意が必要です。このサービスは初めて利用されるお客様を対象としていますので、過去にすでに利用したことがある人の場合には適用されません。

もし30日以内に返済できなかった場合にはその翌日から通常の金利がかかってきますが、30日以内に返済出来なかったとしても最初の30日間の利息を支払う必要はありません。

さらに返済期間が30日以上かかる場合には、必ずしも金利0円が有利ということはありません。一括ですぐに返済するのではなくて分割払いでのんびり返済するつもりでいる場合には、最初からより金利の低い業者で借りるほうがトータルの支払い利息自体を低く抑えることができます。

返済回数が10回以上の予定をしているのなら、もともと金利の高い消費者金融で借りるよりも、年利10%以下の金利で借りることのできる銀行のカードローンを契約するほうが、利息の負担を抑えてお金を借りることができます。

生命保険を担保にお金は借りられます

お金を借りるには保証人と担保が必要になってきます。それで、生命保険を担保にすることができるのです。生命保険を担保にお金を借りるには生命保険の保険金の解約で戻ってくるお金が担保になるわけで、生命保険の中には解約時にお金が戻ってこないものもありますので、確認が必要です。

 

生命保険を担保にお金を借りるということは、保険会社からお金を借りることになって、銀行などから生命保険を担保にお金を借りることはできません。
終身保険は保険が一生続くもので、加入年月によっては高額なお金が解約の時に戻ってきますので、お金がかりやすくなります。

 

保険を解約した時に戻ってくるお金でお金を借りることを契約者貸付制度と呼ばれています。通常、解約の時に戻ってくるお金の8割〜9割のお金を借りることができることになっています。

 

生命保険を担保にお金を借りることは、カードローンやキャッシングなどから借りることとは全く違うものになっています。
まず審査がありません。保険を解約した時に戻ってくるお金が確定している時には、無条件でお金を借りることができるのです。

 

金利も通常のカードローンやキャッシングなどに比べると低金利になっているので、一時的にお金が必要になった場合などには、金利が低いので、とても借りやすいことになります。
生命保険を解約すればお金が手に入りますが、保険が解約になり先行きが不安になってしまいます。その時に生命保険を担保に借りると保険も継続して存在するので安心です。

生活が苦しい場合市役所からお金を借りられるのでしょうか

生活が苦しくお金を借りたいと思っていても金融業者や銀行などからの借り入れも断られてしまった場合、最後の砦となるのが市役所などで手続きができる生活福祉資金制度というシステムがあります。

 

これは一定の条件を満たした人に国がお金を貸し出す制度です。国がお金を融資してくれますが手続きは全て市役所で行うということになるので市役所からお金を借りるというわけではありません。

 

この生活福祉資金制度はもちろん融資を申請すると審査があります。この時に条件としては低所得者世帯であること、障害者世帯であること、そして高齢者世帯であることというのが明記されています。

 

この制度を利用することによって生活の立て直しができると判断されると融資してもらえます。ですがこの審査自体が条件さえ満たしていれば簡単に通過できるという性質のものではないようです。

 

特に失業中で全く収入が無い場合には、借金を返済する当てがないわけですから当然融資を断られる可能性が高くなります。ですから最低限でもパートなりアルバイトなどで一定収入が毎月入ってくるということが条件となるでしょう。

 

まずは地域の民生委員などに相談して、どのように申請手続きを進めていけば良いかのアドバイスをもらうと良いでしょう。ですが基本的には市民税非課税所帯に認定されるぐらいの低所得レベルでないとなかなか実際に融資をしてもらえることは、まれのようです。ですから本当にお金が必要な場合には銀行などを当たった方が余程融資の可能性はあると言えるでしょう。

他の銀行と同じようにカードローンで借りられます

他の銀行のようにサービスを大々的に宣伝していませんが、ゆうちょ銀行でもカードローンの申し込みが可能です。ただし、このサービスはゆうちょ銀行が独自に行っているものではなく、スルガ銀行を代理業者としてゆうちょ銀行から申し込みができるものとなっています。

 

カードローンの審査もスルガ銀行側で行っていますが、20歳から満70歳まででパートやアルバイトのかたも含めて安定した定期収入があればどなたでも申し込みが可能です。借り入れや返済時に全国のあちらこちらにあるゆうちょのATMを利用することができますので、利便性の上でも大変便利なカードローンになっています。

 

また、他の銀行カードローンに比べると少しばかり金利が低く設定されているというところがメリットです。最大融資額に関しても500万円と申し分ないものですし、普段貯金や支払いでゆうちょ銀行を使い慣れているという場合には、他の銀行を探すまでもなく融資の申し込みをしやすいでしょう。

 

審査の判断は短い場合で30分と時間がかかりがちな銀行カードローンとしては早い部類ですが、しかしこれは仮審査の合否であり、仮審査が通ってから実際に融資を受けるまでには2日から1週間程度かかってしまうため、急いでお金が必要な場合にはその辺りを注意をしてください。仮審査後に申請書や必要となる書類を送って、本審査が通過してから初めてカードローン用のカードが送られてきます。

 

多くの国民が利用しているゆうちょ銀行が行っているサービスという点で、安心感があるというのが何よりも魅力です。急ぎでない場合は充分に申し込みをする価値があります。

保険証がなくてもお金が借りられるのか?

お金がピンチなときに頼りになるサービスは何でしょうか。それはキャッシングなどの消費者金融です。キャッシングの場合には即日融資というサービスもあり、急な金欠に対応してくれるスピードがあります。とはいえ、キャッシングなどを利用するためには何が必要でしょうか。それは本人確認書類です。基本的には運転免許証があれば大丈夫ですが、中には免許がないという人もいます。では、そんな人は保険証だけでもお金を借りることができるのでしょうか。

 

まず、結論から言うとお金を借りることはできます。正確に言うと、平成28年9月までは保険証だけでも本人確認ができ問題なく借りることができました。しかし、平成28年10月からは顔写真がない本人確認書類の場合には、それ以外にも本人確認できる書類が必要になりました。例えば、保険証は顔写真がないので保険証にプラスして、電気代の領収書、水道代の領収書など、本人確認ができるものをさらに添付する必要があります。

 

もちろん、運転免許証だけでなくパスポートなどは顔写真があるので、パスポートがあれば保険証がなくても問題なく本人確認を行うことができます。

 

実際、即日融資を利用したい場合にはこうした書類上で不備があるとそれだけで時間が無駄になってしまいます。申し込みがうまくいかないと審査もしてもらえないからです。それで、保険証しかない場合にはまず最初にそのほかに必要な書類を事前に準備して置くようにしましょう。

初めてのカードローン利用について

そもそも、カードローン、キャッシングなど経験がない、金利を支払うのがもったいないから借りることはしたくないという女性は数多くいるのではないでしょうか。
しかし、社会人になるとどうしても冠婚葬祭などで出費が重なり、現金が必要になる場合も多々あるはずです。そんなときにカードローンやキャッシングを使わざるを得ないわけです。

 

では、どんな点に注意が必要でしょうか。まずは、自分相倉まで借りるという設定です。もちろん、上限金額はあるもののそこまで借りることを考えず、自分の収入から逆算して決めておくことがポイントです。

 

次にカード会社を決めるところです。今は都市銀行やインターネットバンクの系列のキャッシング会社もあります。返済時や借入時に口座があったほうが便利ですからもし、系列の金融会社があればそちらを活用したほうが便利でしょう。もちろん、通常の口座利用ではないのでインターネットでの手続きの身のカード会社とはいえ、会社に身分確認の電話が入ったりと最低限の身分確認は必要になります。それでも、もろもろの証明書を提出することに比べると楽なはずです。

 

あとは、金利をいくらか見比べてみましょう。少ない金額の借り入れであれば大きな問題はありません。ほぼ横並びになっているからです。あとは、なんといっても返済時にコンビニのATMなどでも簡単に返済できるスキームがあるかどうかなどを見極めてから契約に移ることにしていけば万全です。